« Vol.4 〜3 級スティルライフの評価〜 | メイン | 2011年度 第15回トールペインティング技能検定 結果発表 »

2017年度 第21回トールペインティング技能検定 実施要領

 日本クラフトアート協会の実施するトールペインティング技能検定は、一定の基準により公平にペインティング技術を評価するものです。検定は毎年一回実施され、課題にはストローク科目、スティルライフ(静物画)科目があり、各々が得意とする部門で実力を試すことができます。課題デザインの制作と審査は、ペインティング指導歴、および審査経験の豊富な国内外のトップアーティストが行います。

技能検定実施要項について

資料をみるにはここをクリック

技能検定申込書

申込書のダウンロードはこちら

検定の意味と認定アーティストになること
トールペイントの技能検定を受けることにどんな意味があるのか、認定アーティストになるとどんな特典があるのか、といったことはよく聞かれることです。
しかし、この検定は報酬や特典を求めるために受けるものではありません。
それぞれのペインティングスタイルをより生かすために学び、その努力の成果を認めてもらい、また自分自身でも技術レベルを 確認するためのものです。そして目標を持ち自分を常に高める努力をすることは大事なことだと思うのです。
ブロンズアーティスト、シルバーアーティスト、ゴールドアーティストとなることがあなた自身の自信と誇りの証明ともなります。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/524516/27829794

2017年度 第21回トールペインティング技能検定 実施要領を参照しているブログ: